2011年5月28日土曜日

S15 トランクバー 流用

S15トランクバーがER34に流用できることは有名な話。
年式的にボディもへたってきているだろうし,
ボロボロのボディになる前にテコ入れをしておこう。というわけで
入手してみました。

ほぼポン付けできるのだが,トランクバーのネジ穴径を拡大することと
二重構造のアンダーパネルを埋めるためのスペーサ(12mmくらい)を準備する必要がある。

スペーサにはナットとワッシャを利用
1.25mmピッチのビスがなかなか見つからない。
六角タイプのものをチョイス

スペーサをおいたところ。バネワッシャを使用して緩み防止

しっかり締め付けて完了。

作業自体は簡単ですが,
スペーサの厚みを絶妙に選ぶことと,1.25mmのビス入手の方が時間が掛かってしまいました。

インプレッション。

まだ走行していないのでわかりません。

20110918追記>
高速を何度か走りましたが,多少変わったかなぁ?程度。
サーキット走行でもしないと違いが判らないかな?
その点,トリプルクロスバーは街乗りでも判る違いっぷりでした。

2011年5月25日水曜日

フロントスタビ ブッシュ交換 + テンションロッド交換

スタビブッシュもテンションロッドも純正交換。
このR34はあくまでも街乗り快適仕様でなければならない。
・・という諸事情からピロテンションや強化ブッシュはNG。
そんなわけで純正に交換しました。

純正新品ってのもなかなか拝めないので写真を。
外したテンションロッド。
やっぱりグリスが滲んでいる。終わっていた。ひどいヒビではないけど。
スタビリンクも若干ピロがゆるゆるでした。
まずは,テンションロッドを外して,
工具が当たっているところを外す。
ブッシュ新旧比較。
丸穴が楕円になっとる。やっぱ劣化していたみたい。
テンションロッドは1G締めをしてやる必要があるので
ジャッキで1Gを作ってやって,規定トルクで締め付けます。

交換してのインプレッション。
走り出してすぐにわかるほど,明らかに差が出ました。
スタビブッシュというよりはテンションロッドを変えたせい?
ハンドルに伝わる微振動が吸収され,フロントのバタツキ感もだいぶ収まりました。
高速を走ってみたところ,直進安定性が改善されている模様。
ブレーキングの安定感はR33で使用していたピロテンションほどではないけど
街乗りには必要十分なレベル。

リアスタビ ブッシュ交換

車を買った時点で10年越えの状況で,ブッシュ類が痛んでいないわけが無い。
ブッシュ交換は今後当然必要になるメンテで,後々はアーム類も全部交換していこうかと。
まず手始めにスタビブッシュを交換することにした。

工具が当たっている箇所を緩めていく。

ブッシュ新旧比較。見た目そんなに劣化していないようだが・・・?
触ると硬化している。
ロッドに使用されているブッシュは見た目にもかなり劣化していた。
ワッシャ,セルフロックナットも新品交換。
交換してのインプレッション。
ぶっちゃけ交換してすぐには変化を感じ取ることはできなかった。
交換した日は「殆ど変わらん」という結論で終わっていたのだが,
後日,長距離を走っている時に今まで感じていたバタツキのような現象が
少なくなっていることに気付いた。
もちろん劇的な変化ではない。しばらく乗っているとオーナであれば気付く程度の変化。

でもスタビのみのブッシュ交換で変化があるということは・・・
各部のゴム系パーツを交換していくことで乗り味がだいぶ変わりそうな予感。
じっくりメンテしていこう。。

A'PEXi - EXHAUST CONTROL VALVE

R33時代にも付けていたECV。車内からマフラーの音量が調節できる優れもの。
そもそもマフラーはNISMOのベルディナなのでかなり静かなのだが,
とりあえず完全ドノーマルレベルまで音量を下げたいときもある。(嫁子対策)
というわけでR33から移植・・・ と思ったら型番が違うし! 移植不可で買い換えました。。。
(R33用をダメもとで付けてみたけど干渉しちゃって取り付け不可)



まずはジャッキアップ。
車の下で死にたくないので馬+ジャッキ。
えぇ。ドノーマルのボディですが。今エアロを発注中。。。
フランジの穴を拡大加工。
矢印部分を切り取る。ECVが干渉するため。

取り説には助手席下サービスホールから車内にケーブルを引き込むように書いてあったが,
R33のときの経験から運転席後ろにドリルで穴を開けて引き込んだ。
シャーシブラックを塗ってサビ止めをして終了。
こんな感じで運転席横で操作できるように。

手持ちのステーをフル活用してシートをスライドさせても干渉しないよう調整。

全閉から1回転戻しくらいで純正マフラーレベルまで音量が下がります。
2~3回転戻しで”相当静かなスポーツマフラー”。全開で”静かなスポーツマフラー”
街乗り時には2~3回転戻しで使ってみます。

2011年5月8日日曜日

HTC Desire用 急速充電ケーブル

自分が所有している携帯はSoftbank初のAndroid携帯であるHTC Desire X06HT。
有機ELのやつ。
X06HTIIが発売になる頃に近所のヤマダに行ってみたらたまたま買えたX06HT。

そんなこんなで,アンドロイドライフを楽しんでいるわけですが,
やっぱりガラケーと比べると電池の持ちがいまひとつ。
そこらへんは,eneloop mobile booster(KBC-L2BS)を買ってしのいでいます。
http://jp.sanyo.com/eneloop/lineup/booster.html

しかし,通常のUSBケーブルでは急速充電モード(1A mode)に入らずに
通常充電しかできません。せっかくのmobile booster 1Aモデルが活きてない・・・。

Desireの場合,USBケーブルのD+,D-のOpen-Shortで充電モードを判定している。
巷で売っている充電専用ケーブルもD+,D-がショートしているだけ。(だと思う)

手持ちのマイクロUSBのケーブルを一本充電専用に改造してみた。
ただ単にショートでも問題ないとは思うけど,なんとなく10kohmをはさんでショート。↓
あとは熱収縮チューブで絶縁して赤黒(電源)を再接続。
こんな感じ。赤=+5V,黒=GND
このケーブルを使用すると,急速充電ができるようになります。
普段はUSBケーブルで通常充電。
出先ですぐに充電したいときには充電用ケーブル。
という使い分けをしています。


注意)
通常のUSB端子(500mA max)から給電すると
電流Overとなるので使用できません!
1A以上の能力がある電源を使用する必要があります。

2011年5月3日火曜日

AVG 2011 Free Edition がアンインストール不能に。

しばらく利用していたAVG Free Editionがアンインストールできなくなった。
「アンインストールと変更」からアンインストーラを走らせても途中で止まってしまう・・・
(Windows7 32bit環境)

そんなわけで調べてみたら、メーカからこんなツールがDLできた。
アンインストールにツールが必要?
http://www.avg.com/ww-en/download-tools

とりあえず、無事にアンインストール。
ちなみに、Microsoft Security Essentialsを試用中。