2011年8月20日土曜日

リアワイパー樹脂化 C25セレナワイパー流用

R34にとってC25セレナ樹脂リアワイパー流用は常套手段らしい。
ググルと大量の情報が得られます。
見た目も良くなり,ワイパーを立てることもできるということで,
特にデメリット無し。
ちょうどブレード交換の時期であったので,リアワイパーを樹脂化してみました。

ディーラに行って注文をしたところ,
Web上で調べていった型番と多少変わっていましたので
メモを残しておきます。(2011/8時点)

アーム本体:28781-CY000 2,130円
アームカバー:28781-EA500 360円
ワイパーブレード:AY003-H40AR 1,600円

余談としてアーム本体をディーラさんが
前期・後期を間違えて発注したらしく,再発注する羽目になりました。
「型番が変わっている」とか言われたら前期・後期を
間違えていないか確認をしたほうがヨサゲ
前期・後期で形状が異なります。

純正

交換後

2011年8月8日月曜日

ダイレクトイグニッションコイル交換


ER34の泣き所のひとつである,ダイレクトイグニッションコイル。
記録簿を見てみると,5万キロくらいのタイミングで,対策品に交換済みの模様。
しかし,夏場になるとアイドリングで失火が増える現象が発生していた。
ボーーーーー ボッ ボーーー ボッ・・ ボーーーーーーーーーーーーーー
みたいな。

プラグは変えたし,コイルかな・・・。と
対策品に交換したとはいえ,交換してから5万キロ・・。
しかし,こんな重要部品が5万キロサイクルの消耗品ってのも信じがたいが,
灼熱の真夏にボクサーサウンドになられても困るので,用心の為に交換した。
ま,34000円でそこそこ安かったということもあって。


ER34用。スプリットファイア製 SF-DIS-008

ご存知のとおり,ER34のプラグ・コイル交換は面倒。
オーナメント上の配管・配線類を外していきます。

今回は最低限の取り外しでプラグにアクセスしてみようと,
試行錯誤してみました。
スロットルまでのL字の配管とオーナメント上のステーを外すだけで
オーナメントを矢印方向に抜き取れることが判明。
(通常はこうやるのかな?)
何度も外していると慣れるもので,
10分くらいでプラグに到達できるようになってきた。

純正ダイレクトイグニッションコイル

スプリットファイア製ダイレクトイグニッションコイル
見た目は色が変わっただけ
交換後。
ボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボーーーーーーーー ボッ ボーーーーーーーーーー

えぇー 完治してない!
かなり失火の確率は減ったけど若干残ってる。

失火の確率が減ったということは
コイルも劣化していたことは確かだけど,原因の全てではない。
あとは何だ?何が劣化しているんだろう。。
エアフロか?
ぅーん,スッキリしない。



STRANGE製 カーボンピラーカバー

前期の34のカーボンピラーは持病もちで,
年数が経過すると下の写真のように剥がれてしまうらしい。
自分の車も例外ではなく剥がれ始めていた。(程度はいい方らしいけど?)
さすがにこのまま放置は美しくないので,
STRANGEさんが販売しているカーボンピラーカバーを装着。
(古くさい車が,より古くさいと嫁からクレームが入った為に決行)



はがれ部分。カッターでバリを取って貼り付け面の整形をしました。
パーツクリーナで脱脂してコンディションを整えます。

この部分は純正ではカーボン柄とはなっていなかったが,
STRANGEさんのキットには含まれている。

古くさいイメージが一新。部分的に新しい車になりました。

STRANGEさんのピラーカバーは口コミ通り,非常にクォリティの高い製品でした。
サイズもドンピシャで厚みもちょうど良い印象。
後日,バイザーを新品取り付け予定なので,まずはピラーの修理完了で満足。


2011年8月6日土曜日

ER34 NISMO メータ交換


NISMO 3連メータを導入して以来,スピード・タコメータとのバランスが悪く,
とっても微妙な感じがしていました。
イルミの色だけ赤にして統一感を出すか・・・
でも,ナイトシーンだけで良いのか?
いやいや,そもそも 300km/hまでスケール絶対いらないし!
とか,いろいろ悩んでいました。

まぁ 悩むの面倒だから,とりあえず買ってみるか。
という珍しく大人な判断をして,新品購入。

新品。
スピードスケールは12時の時点で160km/h・・・
一般道では9時までしか使わないw
走行距離のメモ。

純正メータ取り外し。特に難しいところは無い。
フードを外して,メータを固定している3本のネジを外すのみ。


メータの取り出しは多少知恵の輪。
ウインカーユニットを外して,ウインカー側から引き抜きました。
純正メータでスムーズに取り出す方法を探って,
肝心のNISMOメータを傷つけないように。。

昼間の写真。
やはり同じデザインのメータの方がエェ。
ハンドル変えたい・・・

夜間の写真。
こちらはガラリの雰囲気が変わる。
ER34純正の内装デザインはまったくやる気無しですが,
メータ,イルミ等で少しはやる気のある印象に変更できるようです。。
ドノーマルの34を買ってきた頃が懐かしい。

メータを交換した場合,整備手帳に記録を残しておかないと走行距離不明車に
なってしまうので,所定の記録欄に距離と日付を残しておきました。
ディーラで交換しないと,走行距離不明車になってしまうと思っていたのですが,
ディーラに確認したところ,個人で交換しても記録を残しておけば問題ないとのことでした。
ま,走行距離不明となってしまったとしても自分が手放すときには廃車だろうけど。


2011年8月5日金曜日

ER34 エアコンユニット LED化

NISMOの3連メータを取り付けたら,イルミの色が赤であるため,
なんとなくエアコンのイルミと統一感が取れなくなってしまったので,
エアコンイルミの色を赤にすることにした。
エアコン液晶バックライトも玉が怪しかったのか少しチカチカすることがあったので
この際,赤に。

LEDをネットで購入しようと探っていたら,何気に車用として売っているLEDは高価!
(って言うほど高価ではないのかもしれないが,LED1個に数百円も出す気にはなれない・・・)
部品箱を探っていたら,チップLEDが転がっていた。
今回の用途には勿体ないが,2色LEDと3色フルカラーLED。その赤だけを使う。
以前に秋月で買ったもので2色LEDは5個パックで100円。
3色LEDは5個パックで200円で売っていたもの。
”車用”として売られているLEDを一つ買うと,
3色フルカラーLED2色LEDが手に入るわけで・・・ 

もちろん,加工をして取り付けなければならないので,
その手間賃を考えれば安いのか? 大した手間じゃないけど。

ボタン用ランプLED化
ケース部分を切断し,できるだけLEDが根元側に取り付けられるようにした。
(十分拡散するように)
LED+510ohm
液晶用ランプLED化
こちらは3色LEDを使用。サイズ的に2色LEDが入らなかっただけ。

LED化。LED+510ohm

夜のイルミの様子。液晶部分のムラを懸念していたが,
まったく問題なし。
NISMOメータとの色合いも違和感無し。

昼間の視認性も問題なし。

以上,エアコンLED化,300円で終了。