2012年1月21日土曜日

マーチ AUX 増設

前回,マーチのスピーカを修理したら,欲が出てきて
音楽をFM飛ばしではなく,AUXで接続したくなりました。
というわけで,AUX機能をつけてみました。
日産純正デッキの多くにはDIN-8PINコネクタが付いていて,
AUX接続キットを取り付けることができるようになっています。
まぁ 純正品を買うのもなんなので,自作します。

ネット上を調べてみると,自作している方はいるのですが,
いくつか課題があるようです。
(もちろん純正品では発生しない課題です。あくまで自作した場合。)

  1. AUX入力時のオーディオレベルが小さい。
  2. 一度AUXモードにすると他のモードに戻れない(電源強制OFFになる)。
  3. AUXモードに入れるための外部SWが必要。


どうせ作るのならということで
ここらへんの課題をクリアすることにしました。

  1. Audio LineAmpを追加。
  2. AVRで適正に制御。
  3. デッキの電源ボタン2回押しでAUXモードに入る仕様に。



回路図はこちら。
制御ですが,pin1.AUX_ONとpin2.RADIO_ON端子を使用しております。
ただし,Vl=0V,Vh=12V。

<AUXモードに入る場合>
  1. PWRボタンを押すとRADIO_ON Vh→Vlに変化(デッキOFF状態)
  2. PWRボタンを押すとRADIO_ON Vl→Vhに変化
  3. 上記2のRADIO_ON Vl→VhをトリガとしてAUXモードへ移行
  4. AUX_ON=Vhを印加
  5. RADIO_ON Vh→Vlに変化

<AUXモードからAUXモード以外に入る場合>
  1. AUX_ON時にラジオorCDボタンを押すとRADIO_ON Vl→Vhに変化
  2. RADIO_ON=Vh 期間中にAUX_ON Vlを印加(タイムアウトは不明)

とまぁ 文章で書くと分かりにくいかもしれません。
即席で作ったプログラムですので汚いコードですが,
main関数だけおいておきます。

また,状態設定をEEPROMに書き込んでおりますので,
IGN-ON時には前回状態を保持します。
常時電源は使用しないので,バッテリー上がりも心配ありません。
ちなみに,回路図中のVR100kはセンターでちょうど良いボリュームでしたので,
27dB程度の固定Gainでもヨサゲですね。
ソース側のボリュームにもよりますが・・・ 
自分が試したのはGorilla,ipod nano 6thです。

※注意※
ここで紹介した制御/回路は,純正品とは異なっているかもしれません。
全ての環境で動作を保障するものではありません。
お約束ですが,改造は自己責任でお願いします。


でもっていきなり完成図です。。
DINコネクタ,ACC電源に接続すればOK。
音源はナビなので,そちらに接続。

PWRボタンを2回押すとAUXに入ります。表示も”AUX”。
ラジオ/CDボタンを押せば,そちらのモードに移ります。
ボリュームもCD=RADIO=AUX程度になっています。

<参考>オシロで制御信号をモニタ
緑:AUX_ON,黄:RADIO_ON,矢印:PWRボタンプッシュ

というわけで,純正っぽい仕上がりで完成しました。
誤動作も無く快調です♪



2012年1月16日月曜日

マーチ スピーカ交換

スピーカ交換と言っても,アップグレードとかそういう類の話ではなくて
純粋に故障したので純正交換した!という話。

そもそもマーチは生粋の街乗り用として所有しているので,
スピーカなんぞ鳴ればヨシ。
のハズだったのだが・・・ 左側から音が出なくなってしまった。
信号をデッキ側から確認をしていくと,スピーカ端まで正常に来ており,
スピーカの故障と断定。

スピーカって壊れるんだ・・・ へー。

純正スピーカをオークションで1500円@2個ほどでGet。
交換後,当然ですが,無事に鳴りましたとさ・・・。


以下は,内装取り外し備忘録


ドアスイッチパネルとドアノブのカバーを外します。

ツメの位置① 

ツメの位置②
①から外したほうが外しやすい。

ドアパネルを取り外してスピーカ交換