2012年11月24日土曜日

Buffalo LS-H500GL 2TB HDD換装

Buffalo LS-H500GLのHDDを換装してみた。
逼迫していた500GBを2TBにアップデート。

HDDにF/Wが含まれているため,
HDDを差し替えただけでは起動しない。
先人がF/W書き換えの詳細記事をアップしてくれているので
詳しくは割愛。
自分なりの備忘録を書いておく。

HDD交換だけのはずがコンデンサが膨れ上がってるのを発見!!
爆発はしてなかったけど・・。

交換しておきました。1000uF 16V 105degC,2200uF 10V 105degC。
コンデンサトラブルはネット上でも記事に上がっているので,
開けたついでに見ておきたほうがヨサゲ。ちなみに使用期間3年くらい?

1. F/W 1.07bをDLし展開。C:\fw とか適当なディレクトリに中身を保存。

2.initrd.imgをデスクトップにコピーし,拡張子をzipに変更し解凍。
 (パスワードはネット上より拝借)

3.1で展開したフォルダにulmage.buffaloと2で解凍したinitrd.buffaloをコピー

4.PCとNASをクロスケーブルで接続 192.168.11.1 255.255.255.0

5.パーティション情報を削除したHDDをNASに接続し,NASを起動。
 エラーランプが発生し,STOP。

6.TFTPD Ver1.01を起動し,パスを1のディレクトリを指定。
 (1.12ではうまくいかなかった。)

7.NASのリセットボタンを押し,NASを再起動。TFTPDからinitrd.buffaloがロードされる。

8.Nas Navigater2をDLしインストール。NASを検索し,見つかることを確認。

9.PC IPアドレスを 169.254.10.100 255.255.0.0に変更。

10.1のディレクトリ内のLSUpdater.exeを起動しF/Wアップデート。

無事にLS-H2.0TGLが完成



2012年11月22日木曜日

Logicool M500 チャタリング修理

ロジクールのM500 Mouse。
以前のモデルから使い続けているこの形。
サイズもちょうどいいし,重さもベスト。
仕事柄CADも使っているので,マウスの使用感には気を使います。

ところが,買い増しして1年後あたりからチャタリングが・・・
3年保証だったので,サポートに連絡を入れたところ,
新品を発送していただけました!
素早い対応で好感が持てました。

しかも故障したマウスは返送せずに処分してよいとのことだったので,
ただ捨てるのももったいないので,修理してみることに。

ちなみに巷にはチャタリングをソフト的に直すというアプローチもあるようです。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se455786.html
使用してみたところ,かなり改善したのですが,
完治までは至りませんでした。
軽いチャタリングであればソフト対応でも何とかなりそうな印象でした。

チャタリングですが,マイクロスイッチに容量をパラってやれば大抵直ります。
容量を大きくすると,素早いダブルクリックに反応できなくなります。
容量を小さくすると,チャタリングの症状が改善されません。
絶妙な容量値を選ぶ必要があるわけですが,
過去に直した感じでは0.01uF(103)~0.1uF(104)あたりがよさそうでした。
(もちろん,Pullupの抵抗値が違っていればこの限りではないですが・・・w
時定数を正確に調べてあるわけではありません。)


裏面のラバーを一部剥がし,ネジにアクセス
開けた様子。
重りも入っていて使用感を気にした設計になっている様子。 
マイクロスイッチにアクセスする為にホイールを外す。
固定Pinを外すとユニットごと取れます。
マイクロスイッチに0.01uFをパラる。
もちろんマイクロスイッチを新品交換してもいいですけどw
修理完了!

容量をパラっただけでチャタリングは皆無で,新品同様に動いてくれています。
というわけでM500のストックが増えました とさ。

2012年11月10日土曜日

ZEAL FunctionXs Rear

ZEAL フロントに引き続き,リア。

フロントを試しに付けてみたところ,R33吊るしのままでも,
思いのほか,エェ感じだったので,
気をよくしてリアも。というわけです。


リアはR33とブラケット形状が異なるため,変更が必要。


リア ○からコに変更

ばねからの異音防止にゴム板をはさんでみました。
アッパー側。

メモ:ショックを取り外したついでに,ツメ折の必要性について検討。
255/45/17 9J +30ではツメ折不要

作業スペースの取れない場所のトルク管理には
クロスフットレンチがエェ感じ。

毎回そうですが,車高調を取り付けること自体よりも,
全アーム 1G締めに相当な手間がかかります。
これをやらなければ楽なんだけど,乗り味がぜんぜん違うので
やらないわけにはいきません・・・(ToT)

で。肝心のインプレッション。

Frontのときにも書いたように,乗り心地最優先赤ん坊満足仕様に
しなければならないため,厳しい乗り心地チェックを行います。

街乗り,お山,高速,強烈な轍 等々 いろいろ走ってきました。
結論から言うと。”硬い”かな。と。


最初は5k(X-coil)を組んだのですが,しばらく走ってNGということで,
面倒でしたが,4k(Swift)を組みなおしてみました。
それでも荒れた路面では多少跳ねる感じがあります。
(乗り心地最優先仕様でなければ,十分満足できる乗り心地だと思いますが。)

Frontはとても好印象だったのですが,
やはり仕様変更をしてもらう必要がありそうです・・・。
しばらくこのまま乗って仕様決めをすることにします。