2014年12月23日火曜日

Windows winsxsフォルダ 肥大化対策

前の記事でWindows\InstallerディレクトリをDドライブに移して,
欲が出てきたのでwinsxsディレクトリ(13GB)も移動してみる件。

winsxsディレクトリ内にはハードリンクファイルがてんこ盛りらしく
移動するのは危険な香りがするが,OSの再インストール覚悟でやってみることに。

まずは,Installerの時と同様に,winsxsディレクトリをDドライブに移し,
シンボリックリンクを作成。
ただし,Installerディレクトリと異なり,winsxsはWindowsからLockされている為,
単純に名前の変更や削除ができない。
まずは,winsxs_Lとでも名前を付けてシンボリックリンクを作成。

C:\Windows>mklink /D winsxs_L D:\Windows_OS_SymbolicLink\winsxs

ここから先はWindows上から操作するのは面倒なので,Linuxから操作。
Linuxがインストールされていない場合は,USBブートのUbuntuとかを利用すると吉。

winsxsディレクトを削除し,シンボリックリンクの名前を変更(winsxs_L⇒winsxs)
すればWindowsからの見栄えは変わらないはず。



やってみようという方は,もちろん,自己責任で。

Windows Installerフォルダ 肥大化対策

PCのWindowsディレクトリが極端に肥大化。
CドライブはSSD 64GBであるため,すぐにひっ迫してしまう。
DドライブのHDDには広大な空き地があるのだが・・・。

ディレクトリの容量内訳を調べてみると
Windows\Installerディレクトリが10GB Overとなっていることが判明。
内容を見てみるとインストール情報やパッチ等がドサドサ入っている。
消すとOSが不安定になりそうな予感。

とりあえず,Dドライブに移し,シンボリックリンクにしておこう。

InstallerディレクトリをDドライブの適当な場所にコピーし,
Windows\Installerディレクトリを削除。
下記コマンドでシンボリックリンクを作成。

C:\Windows>mklink /D Installer D:\Windows_OS_SymbolicLink\Installer


とまぁ Cドライブに10GBくらいの空き地が出来たわけだが,

さて,OSは不具合は出ていないものか?
しばらく様子見。

やってみようという方は,もちろん,自己責任で。

2014年11月3日月曜日

ME301T ROM焼き

ASUS ME301Tのタブレットを所有している。
そもそも自分はタブレットに魅力を感じておらず
世間で騒がれているので,一応触ってみようか。
というモチベーションで購入しただけのシロモノ。
触った結果,やっぱりノーパソの方が便利。

それはそうと,ME301Tはなんとなく動作がモタツク感じで
このままではタブレットに対する魅力が完全にゼロになってしまう。
というわけで,ROM入れ替えを行うことに。
特にタブレットが文鎮化してしまっても痛みはないので,
ゆるーい気持ちでw

下記備忘録です。

  • Unlock
  1. "Unlock_v8.rar"をDLし"Unlock_v8.apk"を入手する。
  2. Unlock_v8.apkをAndroidにコピーしインストール。
    (不明なアプリのインストにチェック)
  3. インストしたアプリを実行し,ウィザードに従ってUnlockをする。
  4. Unlock後の起動画面に
    "The device is UnLocked”が出るようになればOK。
  • TWRP
  1. "openrecovery-twrp-2.5.0.0-tf300t-4.2.blob"を入手する。
  2. ME301T [ボリュームマイナスボタン]+[電源ボタン]同時押しで起動しておく。
  3. android sdk がインストールされている環境で(fastbootコマンドが使える環境)
    fastboot -i 0x0b05 flash recovery openrecovery-twrp-2.5.0.0-tf300t-4.2.blob
    と打つとTWRP2.5.0.0がインストールされる。
  4. ME301T[電源ボタン]長押しでシャットダウンし,再度
    [ボリュームマイナスボタン]+[電源ボタン]同時押しで起動。
  5. 画面上"RCK"がアクティブな状態で[ボリュームプラスボタン]を押すと
    TEAMWIN Logoが表示されTWRPが立ち上がる。
  6. 実は,OmniROMを焼くには2.8.x以降のTWRPが必要であるらしく,
    アップデートが必要。ここから2.8.xのTWRPをDL(TWRP-TF300T-2_8_1_0.zip)する。
  7. Androidにコピーし,Flash。Flashは手順5までにインストールした
    TWRP2.5.0.0から実施。

    結論から言うと,最初からTWRPの最新版をインストールすればよかったのだが・・・。
    上記は自分が辿った手順をメモ。
  • OmniROM
  1. ここからお好きなイメージをDL。Nightlyでガンガン開発が進んでいる模様。
  2. あとはTWRP2.8.1.0からFlashすればOK。
  3. Google関係のアプリはここからDLしてFlash。
    自分は必要最小限ということでNANO MODULAR PACKAGEを選択。

OmniROMになってプリインストールアプリ等がいなくなり
きれいさっぱり,そこそこ快適にはなった。
とはいえ,もともと4.2だったので4.4になっても大きな変化はない。
まぁ 所詮タブレットかなぁ。ごく限られた用途でのみ使うことにしよう。



2014年10月12日日曜日

DHD build.prop 書き換え

BIC-SIMに変更したので,build.propを変更。
BIC-SIMはDocomoの電波をつかむのでDocomo用に変更してみる。
備忘録。

  • Softbank

# magic
ro.ril.oem.ecclist=110,118,119
ro.ril.enable.a52=0
ro.ril.enable.a53=1
ro.ril.hsdpa.category=8
ro.ril.hsupa.category=5
ro.ril.hsxpa=2
ro.ril.fast.dormancy.timeout=3
# for Japan softbank
ro.ril.enable.sbm.feature=1
ro.ril.disable.fd.plmn.prefix=44020
ro.ril.enable.sdr=0
ro.ril.oem.mosms.mode=1
ro.telephony.default_network=2
ro.ril.def.agps.mode=2
ro.ril.def.agps.feature=2
ro.ril.disable.power.collapse=1, radio:WiFi
# /magic


  • Docomo

# magic
ro.ril.oem.ecclist=110,118,119
ro.ril.enable.a52=0
ro.ril.enable.a53=1
ro.ril.hsdpa.category=8
ro.ril.hsupa.category=5
ro.ril.hsxpa=2
ro.ril.fast.dormancy.timeout=3
# for Japan docomo
ro.ril.enable.dcm.feature=1
ro.ril.disable.fd.plmn.prefix=44010
ro.ril.enable.sdr=0
ro.ril.oem.mosms.mode=1
ro.telephony.default_network=2
ro.ril.def.agps.mode=2
ro.ril.def.agps.feature=2
ro.ril.disable.power.collapse=1, radio:WiFi
# /magic



  • 書き換え方法

USBデバッグモードのチェックを入れてADBからアクセス。
(Android側は適当にホーム画面とかにしておけばOK)

■build.propをPCにコピー■
adb pull /system/build.prop

■build.propを編集しbuild.prop.newとして保存■
・先頭行にDocomo or Softbank用コードを貼り付け。
・改行コードはLF

■build.propの書き換え■
adb push build.prop.new /sdcard/
adb shell
su
mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system
cp /sdcard/build.prop.new /system/build.prop
chmod 644 /system/build.prop
reboot



2014年10月11日土曜日

オムロン電動歯ブラシ 電池交換

オムロンの電動歯ブラシ HT-B456 を3年くらい使っているのだが,
ここ最近,電池が相当ヘタってしまった模様。
1日きっちり充電しても5分も持たずに停止してしまう。
この製品は,強さが三段階に変えられるモデルだが,
購入当初は弱で丁度エェ感じだったのが,
ここ1年くらいは強にしてもギリOKなレベルであった。
つまり,確実に電池はヘタってきていた。
ちなみに,この歯ブラシの前もオムロンを使用していたが,
同様に電池がヘタって買い替える羽目に・・・。
ネット上でも有名な話ではあるがオムロンの電動歯ブラシは電池が弱い模様。
まぁ 3000円くらいで購入できる歯ブラシなので
3年くらいで買い替えてもらいたいのがメーカの本音だろうが,
ユーザから見れば電池ヘタリくらいで買い替えたくもない。
替えブラシのストックもどうすんのよ? とか。

3度目の正直でオムロンの電池の改善に期待して
電動歯ブラシを買い替えるほどお人よしではないので,
電池交換をすることに。


ネット上を検索すると電池交換をしている先輩方もいるようで,
参考にさせていただくと,
オムロンで採用している電池は 1/2AAA Ni-MH x2で2.4Vを出力するもので,
日本では入手困難らしい。
代替品としてAAAサイズの3.6V Li-Ionを使っている方が大半。

とは言っても電圧は違うわ,電池の種類は違うわで無理やり感は否めない。

まぁ ダメ元でやってみることに。

UltraFire
 公称電圧:3.6V
 公称容量:600mA
 その他:保護回路なし
 値段:450円

容量は500mA品を購入したのに600mA品が届いた・・・。
まぁ増えているからよし。

というわけで作業開始。



ケースから基板を取出し,いきなりのトラブル発生!!

いきなりのトラブル。
充電用コイルの配線がぶちっと切れてしまった。
ネット情報によると,このコイルは歯ブラシ側にくっついており
外ブタのみが外れるはずだったのだが,自分の歯ブラシは
コイルが外ブタにボンドで固定されており,一度分解すると
配線が切れる仕組みになっていた。
そういえば説明書の”破棄するときのお願い”のページに
「分解した場合は修復不可能です。」
の文字が・・・。

不可能じゃないけど・・・ めんどくさいのは確実。

これはこれで置いておいて。次へ。

購入した電池にケーブルをはんだ付け。
端子をヤスリで削ってできるだけ短時間ではんだ付け。

電池をはんだ付けする前に充電回路の状態確認。

2.4V Ni-MH用の充電回路で保護回路無しのLi-ionを充電することに
若干の恐怖を覚えていたので,充電回路の素性を確認しておくことに。
電池を取り付ける前に測定してみたところ,以下のような状況。

解放電圧:5.1V
短絡電流:24mA

24mAの電流で充電をしている模様。
この測定では定電流かどうかの判断はできないが,
少なくともImax=24mAであることは分かる。
充電電流設定は元の電池が250mAだから0.1Cくらい。
充電終了電圧で電流を測定するとトリクル充電相当になっていたのかな?

で,この充電器でLi-ionを充電することを考えてみる。
まず,解放電圧が5.1Vもあるので常時充電で使用するのはチト怖い。
元の設計が最終的にトリクル充電となる仕様だとすると
当然Li-ionには適さない充電回路ということに。
充電電流自体は問題なさそうなので,常時充電で使用しないという条件であれば
まぁ 発火することは無いかと。
しばらくは電池の持ちと充電時間の関係を監視してみることに。

どちらにしても,かなりの自己責任が問われる流用技であることを再認識。


電池を交換したところ。

最初にやっちまったコイルを修復。
UEWで延長しコイルの周りをぐるっと一周。
ホットメルトで固定して守備力アップして復活。

次回の取り外しではケーブルが伸びて切れないように工夫。

無事に電池交換が完了し,スイッチをONすると,
購入当初+αの振動が復活!!
もともと強さが3段に切り替えられるので,3.6V化によって強くなりすぎた振動を
丁度良い程度に抑えられるのでGood。

あとはLi-ionの状態を注視しながら安全に使うのみ。
もちろん自己責任で。


追記 2015/01/02 >
修理から2ヶ月。無事に動作している。
2ヶ月間の平均を見ると,
2日間でFull充電。1日30分強の使用時間で1週間くらい持つ模様。

2014年9月25日木曜日

BIC SIM + Desire HD

3大キャリアと言われるSIM(Softbank 銀SIM)から,MVNOであるBIC SIMにMNPで変えてみた。
スマホはDesire HDという化石を使用してみたw

DHDの仕様だが,ROMはCyanogenmod 7.1.0でAndroid2.3.7のSimフリー携帯。
ゲームをやらない人であれば,そこそこ快適。そこそこね。

APN設定だけIIJに変更し,難なく開通。


iijの設定を追加。
DOCOMOの電波を受信。

契約は川崎ラゾーナ。BIC SIM専用カウンターがあり,
MNPでも即日開通できる。
iphone6の影響か,かなり混んではいたが1時間程度完了。


動作確認した内容を箇条書きにしてみる。

  • 通話
  • SMS
  • Line
  • 楽天電話
  • みおほん クーポンスイッチアプリ
  • 電池 -2%/h程度 SIM変更前と変わらず。
電話としての基本機能は問題なく,
平日帰宅時間の横浜駅というかなり混雑した環境でも
DL Speed 1.5Mbps程度は出ている模様。
DHDがLTE無理なんで,3Gの話ですが。
ちなみに,Softbankの時もこんなもん,てかそれ以下,程度でした。
ちょっと遅い気もするので携帯側に問題がありそう。


また,BIC SIMにはWi2 300も使える特典がついている。
こちらは契約から1週間後あたりから使えるらしく,
まだ登録ができない状況。

Wi2 300の利用エリアはかなり広がっているので,
クーポンの節約にはもってこいかもしれない。

2014/10/12 Wi2 300について追記>
9月末にプレミアムエリアお試しキャンペーンが終了したので,
以下のSSIDには接続できなくなってしまった。
 Wi2premium
 Wi2premium_club
ぶっちゃけ,街中にはこの二つが多いので,
エリアがかなり絞られる結果に。
店とかに入れば繋げられるアクセスポイントもあるので
特に問題はない気もするけど・・・

2014年7月13日日曜日

ER34 セダン デッドニング 準備

ER34 4Drのデッドニングの準備,妄想をするために
とりあえず,内装を剥がして状況確認をしましたとさ。という内容です。
まったくデッドニングは実施していないのであしからず。
基本的に内装外しの備忘録。

ドアノブのパネルを外す。はめ込みのみ。

ピンを外す。

真ん中を押し込むと引き抜ける。

ん?純正SPではない?
Pana製純正ナビを取り付けるとOPでついてくるSPか?

DATONEらしい。SR-1698C。ネット上にも全然情報なし。

ビニルが貼ってあり完全純正状態。

内装側。

スペース埋用?の発泡スチロールが。

上図の発泡スチロールが入り込むくぼみ。
デッドニング時には発泡スチロールは切断かな?

2014年6月29日日曜日

グリーンハウス Bluetooth レシーバ改造


通勤でグリーンハウスのBluetoothレシーバ( GH-BHARCK )を使っている。
もちろん,使っている理由は便利だから。
満員電車の中でケーブルがないことはステキ。


音質はA2DP SBCなんぞ語るまでもなく悪い。
まぁ あまり音楽ソースを聴いていないので特に問題はないのだが,
たまーに音楽を聴こうとするとヒドイ。酷すぎる。
Bluetoothだから?SBCだから?てか,そういうレベルか?
そもそもf特が全然伸びてなくないですか?特にLow側。
という予感がしてきたので,測ってみると,下記図[gain before]。
(改善後も載せてしまっていますが。 )
案の定,100Hzで3dB落ちという斬新な特性。
これが,酷すぎる音の原因だろう。



搭載チップを調べてみるとCSRのBC57F687A05で,素性はなかなか。
前使っていたBluetoothレシーバと比べてホワイトノイズがかなり少ないと思ったら,
こういうことだったのか。と。

SNR=95dB @ fs=44.1kHz
THD+N=0.01% @ Load=100kOhm



結局,BC57 Pin直で測ってみるとf特はほぼFlatに出力されており,
その後についている,Double-Single変換回路でf特を落としている状況でした。
とすると,BC57とDouble-Single変換回路のカップリング容量が小さすぎるのでは?
と容易に予想がつくわけで,とりあえず手持ちの容量をパラってやりました。
1005サイズの手持ちが0.1uFしかなかったので,暫定ですが・・・。
入力抵抗20kohmだったので,1uFあたりに付け替えるのがベターかと。
とりあえず,だいぶマシにはなって,上図[gain after]の特性になりました。
確かに1005サイズの大容量は0.1uFとかに比べるとそこそこ高いですが,
コスト削減もほどほどにしてほしいわ・・・
実力をほぼ出せていないCSR先生がかわいそうだわ。

黄〇がカップリンコンデンサ Double出力なんで4つ。
今回は0.1uFをパラ。

というわけで,GH-BHARCKが最低から普通の音質まで改善しました。
1005サイズの1uFが手に入り次第,
BC57F687A05の本当の実力を試してみようかと思います。
今回,回路を色々見てみたところ,他にも直したい部分が見えてきてるので,
もう少しGH-BHARCKの改造を進めてみようかと・・・
なかなか良いレシーバに化けるかもなぁ





2014年4月27日日曜日

フロントブレースバー 強化

かなり前にフロントブレースバーを取り付けたわけですが,
何となく気になっていた部分がありました。
色々と強化をしてきて,現在は特にフロント周りの剛性感に
不満があるというわけでもないのですが・・・。
何となく。

というわけで,行動することに。

このぽっかり空いた部分が気になっていた。

材料を買ってきて丁度良く切断。

まー いろいろ加工中。

完成品。

取り付けた様子。

走行してみて,ぶっちゃけそんな変わらん!という感じです。
このブレースバー自体を付けたときの変化は明らかだったのですが,
この強化は,プラシーボと言われても否定できない程度。

これで,もやもやしていた気持ちが晴れました。


K&N エアクリーナメンテ

K&Nのエアクリを使っているのですが,
赤々とした毒キノコらしさがなくなってきて,
単なる黒キノコになっていたので,クリーニングをしようかと。
専用のクリーニングキットで清掃するだけですが。

クリーニング剤を黒キノコにぶっかけます。

汚れが取れていく。

洗浄/乾燥中に気になっていた部分に対策を。
エアクリがリザーバに当たっていたのでゴムシートを貼りました。

乾燥したら白キノコに!

で,フィルタオイルをかけると毒キノコ復活。

1枚目の写真と比較すると,やっぱり汚れてたのね。と。実感。

汚れは取れましたが,体感は変わらんだろうと思っていたのですが,
意外に吸気音が変化してましたw
変化が分かるほど汚れていたのか・・・ メンテ不足でした。

Logicool M500 チャタリング修理 その3

以前,こちらこちらでロジクールのマウスのチャタリングを修理したのですが,
だんだん再発してきてしまいました…。

ここまでくると,マイクロスイッチの新品交換が必要だと思うわけですが,
最後の延命をしてみました。
マイクロスイッチを分解して接点復活剤をぶっかけることにします。
この方法はマイクロスイッチを破壊してしまうかもしれないので,
手元に新品のマイクロスイッチは用意してありますが・・・


前の爪部分から外していきます。
接点復活王。
板バネが取り付けられている様子。簡単に外れてしまうので,注意。
外れたら元に戻せば問題なしですが。
左右とも接点復活剤を塗布して元に戻す。
というわけで,またしても0円で復活しました。
今のところチャタリングは皆無で快調です。
左側の板バネがへたり気味だったので,手で元に戻してやったら
クリック感が新品みたいな感じに!
というか,ちょっと新品より激しいかも。やりすぎ注意。
まぁすぐヘタるでしょう。



2014年4月2日水曜日

Blogger ロック!

突然,ブログがロックされてしまった!!
というわけで,久しぶりの投稿。
アクセス頂いた方にはご迷惑をおかけいたしました。

どうやらSitemapのアドインがGoogle先生の逆鱗に触れたらしく
ロックされてしまったらしい。
気付いたのが遅いだけかもしれないが,
ロックされてから解除まで3週間くらいは掛かっていたような気がする。
本腰入れて動き出してから考えても1週間以上は掛かった。
ネット上には同じような被害(?)に遭遇している方もいるようで,
解除までの時間はまちまち。月単位で掛かっている方も・・・
参考までに解除までの道のりをメモっておこう。


自分のブログにアクセスするとロックされているという警告が。

ログインすると,ウエブマスターツールで自分のサイトをチェックしろと促される。
そのサイトに自分のブログのアドレスを追加すると原因らしき部分を教えてくれる。
自分の場合,http://shiozoku.blogspot.jp/ ではなく
http://shiozoku.blogspot.com/ を追加しないと認識されませんでした。
そのサイト上から審査を依頼して,
しばし待つ。
1時間,8時間,1日,2日・・・ 5日 連絡来ないし!ロックされたままだし!

途方に暮れてネットに助けを求めたところ,
下ページから審査のリクエストができるよ。と。先人の教えが。
http://www.blogger.com/unlock-blog.g?lockedBlogID=<自分のBlogのID>

<自分のBlogのID> 部分をLoginした時にアドレスバーに表示されるID(番号?)に
書き換えてアクセスすると以下のようなページが。

ページの下の方に審査リクエストのボタンが。それをポチッと。
しばし待つ。
1時間,8時間,1日・・・ 2日目(今日) ついに解除される!

とまぁ こんな流れでした。
Bloggerから身を引こうかとも考えましたが,
他に移動するのも面倒なのでもう少し使ってみようと思います。
同時に,Google依存度は適度に下げておこうか。と・・・

2014年2月8日土曜日

AVR ISP mkII 電源供給 改造

Atmel純正のISP mk2のプチ改造の件。
純正ツールで,AVR Studioとの親和性は完璧。そして安価。
と,素晴らしいツールなのですが,
ISP側からの電源供給機能がないのが・・・。

USB BUS+5Vだけでもいいので供給できるようにしよう,
ということで,改造してみました。
これで,電源が無い環境でも簡易的なデバッグは可能に。
何気に便利ですが,もちろん改造は自己責任で。

備忘録で書いておきますが,デバイス側にパスコン(10uF+0.1uF)をつけないと
ISPが正常動作しませんでした。USB電源によっても状況は変わると思いますが,
トラブル時のチェックポイントとして。

USB BUS側 +5V

ISPコネクタ側

SWをつけてUSB/EXT電源を切り替えられるように

BUSパワーでデバッグ中の様子