2015年8月5日水曜日

Windows10 CG-FPSU2BD を使う方法

Windows10環境を整備していく中で問題が発生。

プリントサーバとしてCorega CG-FPSU2BD を使用している。
サポートOSから外れているもののWindows7まではつかえていた。

Windows10にPS Admin Ⅳをインストールしたところ,
PS Admin Ⅳ自体は起動したものの,SXUPTP Driverがエラーとなってしまう。
Coregaのドライバは古いらしく,Windows8以降対応ができていないらしい。

調べたところ,PS Admin ⅣはSilex社のOEM品らしい。
本家のツール(SX Virtual Link)をインストールすればいけるっぽい。

ただし,本家もまだWindows8までの対応でWindows10には対応していない。
ダメ元でインストールしてみたところ,動きましたとさ。という備忘録。

プリントサーバなんて買い替えるのももったいないし,
次買うプリンタはWLAN内蔵だろうし,延命できてほっと一安心。


Windows10 クリーンインストール備忘録

Windows10 Insider Preview版を使用してみて
なんとなく気分はWindows10モードになってしまっていたので,
この際,発売と同時にWindows10にアップグレードすることにした。

ライセンス的にはWindows7からのアップデートになるが,
やはりクリーンインストールをしたい。

ちなみに,この日のためにSSDも新調。
価格.com人気No1 SSDをとりあえずポチッと。
Toshiba製SSDが採用されている信頼性とコスパ抜群の一品。

で,インストール。
まずISOをDLしてDVDに焼き,何も考えずにクリーンインストールに突き進んでいく。
プロダクトキーの入力。
Windows7のキーを入力したがエラー。え?
結論から言うとWindows7のキーではNG。当然か。

Google先生に聞いてみた結果,手順が判明。

Windows7上でWindows10にアップデートしライセンス認証まで行う。
そうするとMSのデータベースにHardとライセンスが紐づけされた形で登録される。
以降,登録されたHardでWindows10を再インストールした場合,
ネットに接続すれば自動的にライセンス認証が行われるという仕組みらしい。

クリーンインストールの手順は以下。

1.Windows7→Windows10にアップデート
2.ネットに接続し,Windows10でライセンス認証を完了する。
3.Windows10をクリーンインストール
4.クリーンインストール中に2回ほどプロダクトキーの入力を促されるが,スキップ。
5.ネットに接続すると自動的にWindows10のライセンス認証が完了する。

プロダクトキーを知っておきたい場合は
KeyFinderInstaller等のツールで抜けばOK。