2017年8月19日土曜日

PICkit3 ICD3 お試し

いつもPICkit3を使っていますが、ICD3を触れる機会があったので
お試ししてみることに。
PICkit3 vs ICD3
ICD3はモジュラー端子になっておりそのままでは6pinピンヘッダの
デバッグポートに接続できず。
というわけで秋月で販売されている変換キットを利用。
変換キットを販売してくれることはありがたいが、付属のピンヘッダがオス…。
PICkit3とコンパチにしたいのでメスが必要。
(PICkit3のユーザガイドではオス-オスのピンヘッダで接続することに
なっているので、秋月がオスを同梱しているのは正解。あくまで自分の環境マター)
コンパチ環境を整えてお試し開始。
コンパチにしてみた。
転がっていたPIC12F1840で試してみました。
そもそもPICkit3とICD3の違いは?ザックリいうと、
  1. 値段 PICkit3 (4980円@秋月) < ICD3 (21000円@秋月)
  2. 動作安定性
  3. ソフトウェアデバッグ機能の有無
  4. その他

なところ。
2の動作安定性はどこらへんなのか謎だが、
確かにPICkit3は不安定な時がたまにある(気がする)。
IDEからデバッグを行っているときに、操作を急ぎ過ぎると
PICkit3が認識されなくなる(気がする)。
認識されなくなったら一度USBケーブルを外すか、最悪IDE再起動も必要とか。
といった症状もUSBポートを変更(ハブを通さない)などすると改善する(気がする)。
ICD3でそこらへんが改善されていると助かるのだが、
そもそもPICkit3でも何とかしてほしい。基本機能なので。
とはいえ、PICkit3もそこまで酷いというわけではなく、たまに不安定になる程度。
ICD3を弄っている短い時間の中では不安定な症状に遭遇しなかったので
改善している気がしないわけでもないが、自信なし。

3のソフトウェアデバッグ機能についてはICD3の設定画面から
Debug Option→Use Software Breakpoints のチェックを入れると
使用できるようになる。軽く使ってみたところ、確かに快適。
Breakpointをいくつも指定できるって普通だけど便利。とっても。

4のその他は細かいことを調べていないので不明だが、
気になった部分はICD3のサイズがでかい点。USBもBコネクタ。
AtoBのUSBケーブルはゴツくなりがちで取り回しの面でマイナスポイントか。

2は暫く使ってみないと差がよくわからないとして、
3のソフトウェアデバッグ機能は素直にうれしい機能。
USBコネクタがBなのはマイナス。
価格差は4倍以上。

Breakpoint使いたい放題に差額を払うかと問われると
自分的には微妙な気がする。
多分、自分が調べられていない「なにか」があるに違いない。

あ、ちなみに、書き込みスピードについては
PIC12F1840の4kword程度の容量ではほとんど書き込み時間差はなし。
PIC32等のでかいチップで試してみると新たな発見があるのかもしれない。

以上、お試しメモでした。

20170820追記>
PIC32MX250F128 メモリ使用量100kbytes(80%)程のプロジェクトで
書き込みスピードの確認をしてみました。
PICkit3ではデバイスに接続してからプログラムが走るまで18sec。
ICD3は8secってことで短縮はされていました。
8secの大半はデバイスへの接続。
書き込み自体は3sec程度?どちらにしても早くなっている模様。

2017年7月29日土曜日

ジャッキオイル

長年使っている油圧パンタジャッキ。
車高調交換をしようとしたら上まで上がらない。
慌ててジャッキオイルを足しましたとさ。という記録。
大橋産業のOSP1000とKYBのシザースの二つともなんか調子が悪い。
ネットで調べてみるとボチボチオーバーホールした方がよい予感。
取り急ぎ、オイル補充で凌ぐ。補充量は穴から出てくる程度が適量との事。
補充したら快適に使えるように直りました。

ジャッキオイル補充

シザースジャッキ。出てきたオイルはまっきっき。

2017年3月4日土曜日

充電専用 USBハブ

家の大掃除で見つかったUSBハブ。
とりあえず,USBメモリを挿してみた。動作せず…。
捨ててしまってもよかったのですが,
この際,充電専用ハブに改造することに。

スマホ側に充電器が接続されたと認識させるためには,
USBのD+,D-端子を短絡する必要があります。
この処理だけで急速充電モードに移行し,大電流の充電が開始されます。
Android系のデバイスはこの短絡処理だけで急速充電が可能ですが,
Apple系のデバイスでは単純な短絡だけでは急速充電に入らないようです。
残念ながら手持ちにApple製品がないので,未確認。
ということでD+,D-を短絡したHUBを作ります。

むかーし見たことあるような感じがする懐かしい筐体のHUB。
AT43301?はて?Webで調べてみると
USB1.1!? USBメモリ(USB2.0)が動かなかった理由が判明…。
心置きなく破壊。カッターで足を切断し,
PCBをハンダで洗います。
D+,D-を10ohmでショート,0ohmでもよいのですが,
気分的に10ohmくらいを挟みました。

これで,電源供給のみのHUBの完成。4ポートで急速充電を行うと
繋ぐ製品にもよりますが,2A x4=8A(max)が流れてしまう可能性があります。
USB ACアダプタの電流容量を超えないよう注意が必要です。
心配な場合はUSB 電流モニタなどを使用して自分の環境の最大電流を
把握しておくとよいかも。

ER34 リア周りリフレッシュ

18年もののR34。
当然,ブッシュ類が悲鳴をあげているので,
少しずつ交換作業を進めて行きます。
今回はリア周り総交換。

メニューは以下の通り。

  • メンバ交換。
  • ナックルブッシュ打ち替え。
  • リンク交換。
  • ハブシール,その他 ショートパーツ交換

R34一台体制の我が家としては部販からメンバを持って帰ることができず,
メンバは行きつけのショップにて交換して頂きました。重いし…orz。
ナックルブッシュ打ち替えについても油圧プレスがないので
ショップにお願いしちゃいました。ロングボルトで…DIY的な話もありますが,
まぁ費用対効果でやって頂いちゃいました。
というわけで,作業はリンク類の交換がメイン。
とはいえ,ナックルを取り外してショップに持ち込んだ為,
予備ナックルへの交換作業で足周りのバラシを最低2回やる必要があり,
そこそこ面倒なメンテになってしまったかと。

以下,そんなにハマりポイントはありませんでしたが,備忘録です。

交換部品一式。
サイドブレーキワイヤまで外すので高めにジャッキアップ。
低めに馬をかけてブロックを挟んで再度ジャッキアップ。
2段階ジャッキアップで馬の最高位まで上げる。


サイドブレーキワイヤを取り外し。
メンバはすでに交換済みで黒光り。
ナックル,アーム類全外しのドンガラ状態。
キャリパは吊っておきます。
よく見るとナックルが3つ…。予備の物と入れ替え。
ハブシール交換。交換済みの写真。はめ込むだけです。
変形しないように軽くグリスアップして注意しながらはめ込みます。
ちなみにインナードラムを止めているアンカーボルトの
27mmナットがめっちゃ固い。
ハブシール新旧比較。
ナックルとロアアームの付け根のコッターピンと22mmナット。
ボールジョイント部分のカラーはテーパ状なので
ボールジョイント側に食い込んでロアアームと同時に外れます。
カラーはプーラで外れると思いますが,
ついでなので新品交換。ナットも新品。
新品部品
組み付け写真は撮っていません。
逆順で戻すだけ。
最後はサイドブレーキ調整をして完了。
ちなみに,タイヤ無しでハブを回転させる場合,ホイルナットを締めておかないと
ロータが外れてきて悲劇が起こるので注意。(経験済み…)

というわけで,メンバ,アーム,ブッシュ完全に新品になりました。
インプレッションというか,そんなもの必要ないくらい段違いの走り心地。
何も言わずに嫁さんを乗せたところ,「なんか新車っぽい」と
なかなか嬉しいコメントが。特に車に興味がない人が乗っても
違いが分かるということは相当劣化していたということか…。
15万キロお疲れさんした。

次はマウント類,ブレーキ… まだまだメンテが続きそう。





2017年2月5日日曜日

MPLABX font

メインのマイコンをAVRからPICに移して暫くたつが,
MPLABXが採用しているNetBeans環境を
好きになれない自分がいる・・・。

画面解像度 2560x1440,画面サイズ28インチ,
自分の目の悪さ,等々 微妙に調和せず
Fontサイズやエイリアスの雰囲気がしっくりこない。

コード記述部分についてはFontサイズや色など
プロファイルを選択することで任意に変更できるが,
メニューなどNetBeans環境に依存する部分については
GUIから設定変更ができない。

コーディングに支障がなかったため,今まで
デフォルト設定のままで使用していたわけだが,そろそろ限界。
というわけで,NetBeans設定を見直すことに。

MPLABXのインストールディレクトリに
vx.xx/mplab_ide/etc/mplab_ide.conf
という設定ファイルがあるので,
その中の
default_options="~"
に追記すればOK。

自分の環境では以下の設定を追記するとイイ感じに。

 --laf javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel --fontsize 16

FontサイズとLookAndFeelを変更。
環境によって,イイ感じの設定は変わると思うので,
LookAndFeel設定なしとか,fontsize変更あたりでマイベストを探すと吉かと。

今後,MPLABXをアップデートした際の備忘録的な記事でした。

2017年1月8日日曜日

Nexus5 ROM焼き Android 7.1.1 Nougat

名機のNexus5だが,Android 7へのアップデートデバイスからも正式にはずれ,
そろそろ限界が近づいてきている気がする。
スペック的にはゲームなどをやらなければ十分現役な雰囲気はあるので,
もう少し延命したいところ。

ただ,最近バッテリもやたら減るようになってきたし,
このままでは普段使いにも影響が・・・。
バッテリ自体ヘタってはいるのは間違いないが,減り方が異常なわけで,
確実にApp的な原因がありそうな状況。
原因を探すよりも,ここいらでOSをクリーンインストしたい気分。
いままでずっとアップデートでお茶を濁してきているので,
ファクトリーリセットするくらいなら,ROMの入れ替えをしてしまおうかと。
でもってこのままAndroid 6 Marshmallow を使うくらいなら,
試しにAndroid 7 Nougat を入れてみようかと。

そんなこんなでNexus5でもROM焼きを行うことにしました。

流れは他のデバイスと同じで,
端末のUnLockをして,TWRPを入れて,ROMを焼くだけ。
なはず・・・。

と,軽い気持ちで始めたら,TWRPのところでドハマりしましたという備忘録。
備忘録というか根本原因はわからず,迷宮入り。
最終的にはROM焼きまでできていますが。

Android SDKはインスト済みとして,
端末のUnLockは

 fastboot oem unlock

のコマンド一行。すばらしい。

次が問題のTWRP。
https://twrp.me/devices/lgnexus5.html
からNexus5用TWRPをダウンロード。
現時点での最新版の
twrp-3.0.3-0-hammerhead.img 14.3M 2016-12-16 12:53:57 EST
をダウンロードし,

 fastboot flash recovery パス\twrp-3.0.3-0-hammerhead.img

とflashするものの,TWRPがうまく起動してくれない。
次に直接bootさせてみる。

 fastboot boot twrp-3.0.3-0-hammerhead.img

と,今度は起動OK。?
この後,古いVerのTWRPを焼いてみるも動作せず。
試行錯誤の末,fastboot flashコマンドのパス\部分を
取り除いたコマンドにしたところ,なんかうまくいったっぽい。

 fastboot flash recovery twrp-3.0.3-0-hammerhead.img

パス\部分が原因なのかは不明。
パスには特に日本語,スペースなども入っておらず,
flash後のLogを見るとファイルサイズも正しく,
OKAYの文字が出ていたんだが…。

ちょっと手間取ったが,TWRPが正常に起動。


ここから先は好きなROMを焼けばよいだけ。
先人のサイトがたくさんあるのでここでは割愛。

http://www.androiddevs.net/downloads/
Android 7.1.1 Nougat を選択。

http://opengapps.org/
ARM,7.1,micro を選択


Nexus5+Android7.1.1 意外と快適。
しばらく使ってみようという気持ちにさせてくれる。